本文へスキップ

税金を考えることは未来を考えることです。東京都日野市、森田範文税理士事務所 経営革新等支援機関

   電話でのお問い合わせはTEL.042-584-6806

月〜土(祝日を除く) 9:00〜18:00

トップページ > 税金に関するお役立ち情報 >所得税 > 新しい医療費控除について

新しい医療費控除について

 

平成29年1月から新しい医療費控除(セルフメディケーション税制)が開始されることになりました。

従来の医療費控除とは違い、ドラッグストアなどの薬局で購入した薬代だけが対象になる医療費控除になります。

控除の対象となる薬は従来の医療費控除の対象よりも広くなり、その薬で使用されている成分により判定されることになります。

同じ風邪薬でも控除の対象になったり、控除の対象にならなかったりしまので、基本的には薬のパッケージに医療費控除の対象になる旨の記載がある・又は薬局の薬剤師に控除の対象になるかを尋ねてから購入して下さい。(大変申し訳ありませんがこの薬が対象になるかどうか個別の判断を当事務所にお尋ねになられてもお答え出来ないことをご了承ください。)

対象薬品のリストは以下に有ります。 

対象薬品のリスト

 又は、「セルフメディケーション税制」で検索して厚生労働省のページの少し下の「2 セルフメディケーション税制対象品目一覧」の対象品目一覧をご覧ください。

 薬の購入時の領収書を保存して頂き、領収書にセルフメディケーション税制対象の旨の記載のある金額の1年分の合計金額が1万2千円を超えるとその越えた金額が控除の対象になります。(従来の医療費控除と同じで生計が一緒の方の薬代も合算して引けます。)

しかし、「控除額の上限は8万8千円まで」、「この医療費控除を使った場合は従来の医療費控除は使えない」、「控除の対象者が定期健康診断・メタボ検診・予防接種を受けている等の適切な健康管理を受けていることが条件」「平成29年1月より前に購入した薬代は控除の対象にならない」などの制約が有ります。

また、新しい医療費控除も従来の医療費控除と同様に年末調整の対象にはならず控除を受けるためには確定申告が必要なのでご注意ください。

具体的な計算は以下のようになります。

@薬局で購入した控除対象の薬代の合計額が8万円であった場合

 8万円―1万2千円=6万8千円が控除の対象になります。

A薬局で購入した控除対象の薬代の合計額が12万円であった場合

 12万円―1万2千円=10万8千円>8万8千円 

→8万8千円が控除の対象になります。

B医者に掛かった金額が15万円、薬局で購入した控除対象の薬代の合計額が5万円(うち従来の医療費控除対象になる薬代が3万円)で所得が200万円以上であった場合

 従来の医療費控除

 (15万円+3万円)−10万円=8万円が控除の対象

 新しい医療費控除

 5万円―1万2千円=3万8千円が控除の対象

 8万円>3万8千円 → 従来の医療費控除を使った方が良い。

 このように、どちらの医療費控除を受ける方が良いか計算が必要になりますが、従来の医療費控除が受けられなかった方も医療費控除が受けられますのでご活用ください。



お問い合わせはこちらになります。

携帯電話番号 080-2244-9817




税理士 税金 日野 立川 八王子 東京 税務 確定申告 申告

information

森田範文税理士事務所

経営革新等支援機関
政治資金監査人
税理士登録番号 
122943
税理士情報の確認は
こちら




ごあいさつ
当事務所所長の森田範文です。

お困りの時はもちろん、
困っていないときも話し相手になります。

そうすることによって、お客様が気が付かなかった問題点が発見され、早期に対応することにより納税額を大幅に減少されることもあります。


〒191-0062
東京都日野市多摩平5-4-3
TEL
042-584-6806
携帯電話
080-2244-9817
FAX
042-511-5584

月〜土(祝日を除く)
9:00〜18:00

対応地域
東京都全域
神奈川県全域
埼玉県全域
千葉県全域
その他の地域に関しましても面談回数により対応いたします。

お役立ち資料の
ダウンロード


税金に関する
お役立ち情報

法人税
消費税
所得税
贈与税
相続税
固定資産税
住民税
事業税
創業(法人)
創業(個人事業者)
記帳について
その他

税金に関することで私が日々感じたことを書いています。お暇なときにお読みください。
雑記