本文へスキップ

税金を考えることは未来を考えることです。東京都日野市、森田範文税理士事務所 経営革新等支援機関

初回相談無料   電話でのお問い合わせはTEL.042-584-6806

月〜土(祝日を除く) 9:00〜18:00

トップページ > 税金に関するお役立ち情報 > 住民税 > 賞与に住民税がかけられない理由

賞与に住民税がかけられない理由


給料計算において、賞与には住民税がかけられていません、この理由は、住民税の計算方法にあります。

住民税の計算は、前年の所得に基づいて年間の金額が計算され、その年間の金額を12で割って、毎月の住民税額を計算するのです。

よって、今年の6月から翌年の5月までに徴収される住民税は、6月の時点で毎月の金額がすでに決まっているのです。

だから、毎月の給料から特別徴収で引かれている住民税額で、その月に徴収すべき住民税額はすでに計算済みなんです。

ここが所得税の源泉税や厚生年金の保険料などとは違うところなんです。

以上の理由から、賞与から住民税を引く必要がないので、賞与には住民税がかけられないのです。

ただし、
賞与には支払われる給与に応じて納付しなければならない所得税の源泉税や厚生年金の保険料などはかけられますのでご注意ください。

初回相談無料です。お問い合わせはこちらになります。

携帯電話番号 080-2244-9817





税理士 税金 日野 立川 八王子 東京 税務 確定申告 申告

information

森田範文税理士事務所

経営革新等支援機関
政治資金監査人
税理士登録番号 
122943
税理士情報の確認は
こちら



ごあいさつ
当事務所所長の森田範文です。

お困りの時はもち